空き家問題は漠然と知れ渡っていますが、その実態や現状に対する理解は必ずしも充分であるとはいえません。
空き家問題についての理解を深め、市民とともにこの問題についての取り組みを考えていくために開催しているシンポジウムです。
研究者の視点による現状の調査報告や分析、今後の提案等、毎回テーマを変えながら開催していきます。
これからの尾道のまちづくりをみんなで考える場をつくります。
元旅館みはらし亭の活用を考える

元旅館みはらし亭の活用を考える 更新日:13年10月20日

2年ほど前から所有者さんと一緒に活用法を考えてきた千光寺の真下の絶景ポイントに位置する元旅館の大型空き家「みはらし亭」の再生第一歩となる動きが、今年度始まっています。昨年度、一級建築士の渡邉義孝さん、片岡八重子さん、東京工業大学の真野准教授の多大なる協力のもと登録文化財への指定へとこぎ着けました。今年度は文化庁の「NPO等による文化財建造物の管理活用事業」の助成を受け、尾道市の文化振興課さんやまちづくり推進課さんとともに実際の改修工事に必要な詳しい調査、資金調達や完成後の活用も含めた再生計画を検討する準備期間を設けています。 今回のワークショップでは、伝統的建造物に詳しい一級建築士の渡邉義孝氏の現地案内のあと、これまでのみはらし亭における活動実績と大型空き家のゲストハウス活用事例として「あな...
会話のはじまりの会議 2013

会話のはじまりの会議 2013 更新日:13年05月21日

会話のはじまりの会議2013 3地域のまちづくりの中心的な役割をになう、徳島県神山町のNPO法人グリーンバレー、広島県尾道市のNPO法人尾道空き家再生プロジェクト、鳥取県鹿野町のNPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会が2年間の連携事業を行います。「会話のはじまりの会議」では、地域の新しい在り方について話し合う、オープン会議(参加自由の車座会議)を開催します。そして、音楽、プレゼンテーションパフォーマンス、フードをゆったりとした尾道時間でたのしみます。 3つの地域は空き家、ワーク、アートそして若者等共通のキーワードを持っており、心豊かな暮らしを持続出来る地域を目指して活動を進めています。3地域が連携しながらそれぞれの課題に向き合い、共通のキーワードによる課題解決と新たな取り組みを想像していき、それぞれ...
第6回 尾道まちづくり発表会 「路地をかける〜新しい光を観たくて〜」

第6回 尾道まちづくり発表会 「路地をかける〜新しい光を観たくて〜」 更新日:13年03月01日

第6回 尾道まちづくり発表会 「路地をかける」    〜新しい光を観たくて〜 日時:3月20日(水祝) 18:00開場 18:30開会(20:30閉会予定) 場所:尾道商業会議所記念館2階議事堂(商店街の中です) 内容:「ON AIR 2012」に関する発表     国近 有佑子(なかた美術館学芸員)      尾道大学を卒業後も尾道でアート活動を続けている卒業生        尾道の路地をかける研究発表      加納 亮介(東京工業大学大学院社会理工学研究科修士1年)       東京から足繁く尾道に通い路地の家に居候する現役学生          尾道路地暮らしにいたるまでの全行程     神田 太郎(尾道ゲストハウスあなごのねどこスタッフ)      埼玉からIターンで尾道に来たフレッシュマン    +新...
第5回 尾道まちづくり発表会 「空き家戦線拡大中!」

第5回 尾道まちづくり発表会 「空き家戦線拡大中!」 更新日:12年03月01日

第5回 尾道まちづくり発表会 「空き家戦線拡大中!」 日時:3月24日(土) 18:00開場 18:30開会(20:30閉会予定) 場所:尾道商業会議所記念館2階議事堂(商店街の中です) 内容:林 絵莉加(大手前大学メディア芸術学部3年)      兵庫県大手前大学から尾道の空き家の再生を手伝いに来ている女子大学生     亀井 那津子(尾道大学大学院美術研究科修了、光明寺會舘AIR CAFE店長)      光明寺會舘を拠点にAIR Onomichi2011を開催     荒川 佳大(東京工業大学大学院社会理工学研究科修士2年)      「路地の家」を中心に路地裏の空き家調査や路地暮しの発信      主催:NPO法人 尾道空き家再生プロジェクト 定員:50名 参加費:無料 予約:不要 問合せ:NPO法人 尾道空き家再生プロジェク...
第4回 尾道まちづくり発表会 「脱!空き家宣言」

第4回 尾道まちづくり発表会 「脱!空き家宣言」 更新日:11年03月06日

第4回 尾道まちづくり発表会 「脱!空き家宣言」  〜リニューアルした尾道市空き家バンクの全貌〜 日時:3月25日(金) 18:30開場 19:00開会(20:30閉会予定) 場所:尾道商業会議所記念館2階議事堂(商店街の中です) 内容:空き家バンク再生事例紹介     山本昌大(尾道大学美術学科2年生)      ほぼDIYで再生して空き家に住み始めた現役大学生      NPO法人 SOURIRE       元保育園の空き家で古民家カフェを始めた障害者支援団体         研究発表     角田崇一郎(東京工業大学大学院社会理工学研究科修士2年)      斜面市街地のまちづくりを研究する東京の現役大学院生    +真野洋介(東京工業大学院准教授)     新田悟朗(NPO法人 尾道空き家再生プロジェク...
©2008 尾道空き家再生プロジェクト