空き家に関する情報交換を行うことや各種活動を行っている人と人とを緩やかに結びつけていくことを目的としています。
毎月、尾道の空き家問題やまちづくりと関わる活動を行っているゲストをさまざまな方面から招き開催し、ゲストの体験談や空き家問題等に対する意見などを聞きながら、参加者が情報交換をしていきます。
リラックスした雰囲気の中、毎回ゲストの話をベースにさまざまな提案や楽しいアイデアが飛び交います。
そんな中から新たな発見や、実際の空き家問題を考えていく上でのヒントが得られればと考えています。
現在、旧和泉家別邸をメインに開催しています。
その二一。 “今年もアリマス!AIR ONOMICHI2009」

その二一。 “今年もアリマス!AIR ONOMICHI2009」 更新日:09年06月26日

尾道大学美術講師の小野先生と白樺美術館のアートディレクターの三上くんのふたりが中心となって実行委員会を立ち上げ、2007年の夏に始まったアーティスト・イン・レジデンス尾道、略してAIR ONOMICHIのイベントが、今年も8月から10月までの3ヶ月間、尾道の山手地区の空き家を中心に展開されていきます。 前回は通称ガウディハウスを山本基さんの「塩の迷宮」の制作発表の会場に選んでもらい、緩やかに関わってきました。 空きPとしては「空き家×アート」の象徴とも言うべきこのアートイベントを全面的に応援し、協力体制で構えている状況です。 小野先生と三上くんのユニット「もうひとり」をゲストに、今年のAIRの概要や狙い、活用予定の空き家などを即興で手書きの地図を仕上げながら説明してもらい、協力をあおぎました。 7月からAIR応援作...
その二十。 “どうなる!どうする?裏のアパート(仮称)”

その二十。 “どうなる!どうする?裏のアパート(仮称)” 更新日:09年05月15日

尾道空き家談議では空き家問題に関するゲストを始めとして、再生人の体験談などに加え、空きPの再生計画をみんなで共有したり議論する場としても活用しています。 今回は、北村洋品店の裏に全棟空きになっている古いアパートの活用法をプロジェクトリーダーの新田君を中心に談議しました。 旧楽山荘アパートは風呂無しトイレ共同という、昔懐かしの形式のアパートで、最後に一人暮らしをしていたおばあちゃんが出た後、全棟空き室になっていました。 路地裏で見つけにくい場所ではあるものの、駅裏から2分という好立地に加え、そのレトロな風合いを上手に生かしたいという気持ちから再生の可能性を模索し始めた物件で、通称ガウディハウスや北村洋品店も含めて、駅裏のにぎわいを少しでも取り戻せたらと考えています。 建物の概要や間取りなどを...
その十九。 “つるハウスに続け!補助金活用術。”

その十九。 “つるハウスに続け!補助金活用術。” 更新日:09年04月24日

念願の坂暮らしを手に入れ、尾道暮らしを謳歌する津留君をゲストに招いて色々な話を聞かせてもらいました。 つるハウスは大正末期か昭和初期に建てられた洋風長屋で、建設当時は大変ハイカラな建物だったと思われます。 全国的にもこれだけ洋館付き住宅が密集するエリアは珍しいらしく、その中でも3つの三角屋根が特徴の空き家を後世に受け継いでいこうと、尾道市の景観に対する補助金である「まちなみ形成事業費」を活用して外観の補修を決心しました。 申請に関わった一級建築士の渡邉義孝さんに申請に必要な書類の説明や他の町の助成制度などを紹介してもらい、津留君には本職のイラストをふんだんに交えた再生過程の写真のスライドショーを披露してもらいました。 空き家探しに始まり、施工に関わった職人さん達の苦労話に至るまで、様々な...
その十八。 “ネコノテパン工場奮闘記”

その十八。 “ネコノテパン工場奮闘記” 更新日:09年03月27日

千光寺ヒルズ東土堂町の坂暮らしの若手先駆者ともいえる永井夫妻の新たな挑戦となる「ネコノテパン工場」の奮闘記を再生現場の映像とともに紹介してもらいました。 現場となる東土堂7番街の物件は、木造2階建てで築80年ほどの空き家でしたが、その広さはなんと約3坪という狭さ!その中にパン生地をこねる作業台から3つの手洗い、本格的なオーブン、売り場・・・とパン工場の機能全てを詰め込もうという無茶ぶりがにくめないご夫婦の再生秘話を聞かせてもらいました。 細部にまでとことんこだわる二人のお店づくりはパンづくりにも通ずるものがあり、期待が膨らみます。 空きPは床づくりや材料運びなど部分的にお手伝いをしながら関わらせてもらっています。 2009年5月完成予定。
その十七。 “カフェクラシコ物語”

その十七。 “カフェクラシコ物語” 更新日:09年02月14日

カフェクラシコの中山夫妻は、山口から尾道に新天地を求めて移住してこられました。現在は無事山手暮らしを始めていますが、そこにたどり着くまでの長い月日をかけた空き家探しの体験談や「カフェクラシコ」開業に向けての奮闘秘話やお店のイメージなど参加の皆さんとともに共有しました。 通称ガウディハウスでのチャリティイベントでは、「カフェクラシコのおいしいコーヒーのいれ方」という名のミニ講座を開いてもらい、コーヒー豆の豆知識と上手なドリップのいれ方を教えてもらい、奥様のおいしいケーキとともに、幸せなひとときを演出してもらいました。 なかなかカフェ物件も決まりませんが、妥協しないその姿勢がコーヒーへのこだわりを見るようで、あせらずじっくり見守り続けていきたいと思います。 カフェクラシコの開業を空きPもこころ...
©2008 尾道空き家再生プロジェクト