空き家に関する情報交換を行うことや各種活動を行っている人と人とを緩やかに結びつけていくことを目的としています。
毎月、尾道の空き家問題やまちづくりと関わる活動を行っているゲストをさまざまな方面から招き開催し、ゲストの体験談や空き家問題等に対する意見などを聞きながら、参加者が情報交換をしていきます。
リラックスした雰囲気の中、毎回ゲストの話をベースにさまざまな提案や楽しいアイデアが飛び交います。
そんな中から新たな発見や、実際の空き家問題を考えていく上でのヒントが得られればと考えています。
現在、旧和泉家別邸をメインに開催しています。
その九拾七。"天寧寺脇の小さなサンドイッチ屋さん見学会" 更新日:17年07月17日
20170801-20228268_1173780242723149_7852395914056426698_n.jpg
20170801-20108378_1173780232723150_4743943126518899216_n.jpg
20170801-20155736_1173780249389815_6006626586176840706_n.jpg
20170801-20106636_1173780306056476_8688904542093316623_n.jpg
20170801-20106420_1173780299389810_5325802918970875570_n.jpg
20170801-20108344_1173780316056475_186329108179246854_n.jpg
今月の尾道空き家談議、その九十七はオープンしたてホヤホヤの小さなサンドイッチ屋さん「GOOD GIRL」さんにお邪魔させてもらいました!

かれこれ2年以上工事をし続けていた天寧寺脇の線路沿いの空き家がカナダ色バッチリのチリコンカンとグルメサンドのお店に生まれ変わりました。
ビフォアも見せてもらっていたので、想像もできない出来栄えには本当によくがんばったなと感動しました。

お隣さんのケルプさんのスタンドグラスがいいアクセントになったカウンター席からは電車の行き交いがよく見えます。

昔はこの辺りは旅館や花屋のある横丁だったそうです。小さな趣味の博物館に続いて、はちみつ専門店、ステンドグラス工房、雑貨屋さん…と新たな小さな商店街⁈が出来たような気持ちです。
車が無かった時代の、小商いの小さな商店が軒並み並んでいる風景が戻って来ています。

お店の看板メニューはお肉を燻製するところから始まる本当に美味しいチリコンカン。ワワークリームやスイートコーンのピクルス、パクチーなどのトッピングも豊富です。
パンはネコノテパン工場に特注したものを使用し、グルメサンドイッチはイタリアのパニーニ風で、カナダの女の子の名前が付けられていて、それぞれ繊細な味を楽しめます。

テイクアウトも可能なので、石段や海岸で食べてよし、ゲストハウスに持ち込んで食べてもよし。総菜屋さんが少ない尾道にテイクアウトのお店ができて大助かりの主婦も多いはずです。

詳しくは公式HPで。https://www.facebook.com/goodgirlonomichi/
©2008 尾道空き家再生プロジェクト