尾道の空き家が放置される理由のひとつに傾斜地で家財道具の運び出しが困難なことがあげられます。 数多くの荷物が堆積して新たな入居が困難な状態は傾斜地の空き家における慢性的な問題といえるでしょう。 けれども視点を変えれば、数多くの古くて魅力的な家財道具や小物が沢山ストックされていると考えることもできます。
興味深い掘り出し物もでてくるかもしれない。そんな荷物をリユースするために開催しているのが「現地で空き家再生蚤の市」です。 再生物件の現場で不定期に開催しています。
現地でチャリティ蚤の市 @西土堂町

現地でチャリティ蚤の市 @西土堂町 更新日:17年05月29日

日当たりのいい西土堂町にある中二階や半地下のある坂道ならではの面白い造りの家。 趣味人の方がお住まいだった建物で、ワインやコーヒー関係の器具や美術の本や絵画、全国の郷土玩具のコレクション、花器などあります。 そんなに長い間空き家だったわけではないので、タイムスリップしたようなアンティークや骨董品などあまり古いものはありませんが、逆にまだ使える家電やすぐに使えそうな棚類もたくさんあります。全国の郷土玩具や置物、花器、コーヒーメーカー、古いタンス、棚、古本、まだ使えそうな家電… いつものように、投げ銭方式でお好きなものをお好きなだけ持って帰ってもらえますので、エコバックをご持参いただければと思います。 現在入居者を選定中で、建物見学のみでもオーケーです。 日時:①2017年6月11日(日)・17日...

現地で空き家再生蚤の市 更新日:07年03月01日

尾道の空き家が放置される理由のひとつに傾斜地で家財道具の運び出しが困難なことがあげられます。そんな荷物のリユースのために再生物件の現場で蚤の市を開催。
©2008 尾道空き家再生プロジェクト