傾斜地にある空き家歴の長い家の多くは傷みがひどく、空き家の修復にかかる経費の問題は避けて通れません。特に車の入らない傾斜地では工事費が平地の2〜3倍かかるといわれており大変大きな問題です。空き家再生の修復費用を援助するため、それぞれの再生物件で様々なイベントを行っています。イベント自体を楽しんでいただきながら、斜面地の現状や古い家の良さに触れたり、毎回進化する再生過程を見てもらえればと考えています。
尾道芸術祭 「十字路-ONOMICHI ART CROSSROADS-」

尾道芸術祭 「十字路-ONOMICHI ART CROSSROADS-」 更新日:17年08月08日

尾道芸術祭「十字路-ONOMICHI ART CROSSROADS-」に参加します。 尾道は中世以来より瀬戸内海の島々を繋ぐ東西の航路と、山陰から四国へと貫く南北の路が交差する「十字路」の中心に位置する港湾都市として発展してきました。 豪商たちの経済力は、寺社への寄進や茶園別荘(茶道)の造営などにも費やされ、瀬戸内海有数の文化都市を形成する原動力となりました。 中世から近世、近代から現代。尾道では、その時代ごとに芸術文化を育もうとする土壌が培われてきました。 そして、今、さまざまなアーティストたちが、新たな尾道の風景(歴史)を創造しようと活動しています。 芸術祭「十字路-ONOMICHI ART CROSSROADS-」は、尾道市内で活動する「ART BASE MOMOSHIMA」「AIR Onomichi」「NPO法人尾道空き家再生プロジェクト」による3...
尾道空き家再生プロジェクトの10年の歩みを歩いてみる展

尾道空き家再生プロジェクトの10年の歩みを歩いてみる展 更新日:17年07月07日

2007年に産声をあげた「尾道空き家再生プロジェクト」。 お陰様で、この7月で10周年を迎えます。 尾道に点在する今まで再生してきた個性的な空間で、駆け抜けてきた10年間を振り返るささやかな回遊式展覧会を行います。 坂と路地が織りなすワンダーランド尾道でワクワクそぞろ歩きをお楽しみください。 日時:2017年7月7日〜8月8日頃 *一部延長しています      *お休みは各空間により異なります 場所:尾道旧市街の再生空間5箇所 内容:北村洋品店(尾道在住の作家さんたちにデザインしてもらった手ぬぐいやタオル、バンダナを展示します)    光明寺會舘・AIR CAFE(代表豊田の手帳を一挙公開し、忙しかった10年間を手にとって垣間見ることができます)    あなごのねどこ(ギャラリーで歴代の空きプレスをすべて見せ...
親子でチャリティバザール @北村洋品店

親子でチャリティバザール @北村洋品店 更新日:09年01月01日

子づれママのためのサロンとして長い間再生してきた北村洋品店の大改修がやっと終わりに近づきました!あとは、アーティストを中心に仕上げをしていき、お立寄りのみなさんにもちょこっとお手伝いいただくだけです。ぜひのぞいてみてください! *通常営業開始は2月2日を予定しております。詳しくは追ってお知らせします。 いつ? 2009年1月11日 11:00〜16:00 どこで? 子づれママの井戸端サロン・北村洋品店(尾道市三軒家町3−23) だれが? NPO法人 尾道空き家再生プロジェクト 080−6323−9921 なにするん? 心やさしいママ達の寄贈品によるチャリティバザー        ほっこりショウガ湯の無料サービス        空猫カフェさんのベーグル販売(売り切れ御免)        順子ママのガトーショコラ(売り切れ御免...
第9弾 ガウディハウスの窓辺で雨の朗読会 @通称ガウディハウス

第9弾 ガウディハウスの窓辺で雨の朗読会 @通称ガウディハウス 更新日:08年06月28日

6月は梅雨の季節。林芙美子のあじさい忌にちなんで、ガウディハウスでも朗読会をしました。 現役のミステリー作家としてもご活躍中の尾道大学の日本文学の光原百合先生とその教え子お2人に自身の作品を朗読してもらいました。その後はおいしいわらび餅を囲んでの茶話会。 尾道大学の日本文学科では、挿絵をデザイン学科の学生さんにお願いして、おのみち草子という冊子を発行しています。尾道に実在する地名や建造物などを上手に盛り込んだ創作民話になっています。現在まで3部まで続いており、地元の書店で好評発売中です。
第8弾 わらべ歌でゆるり、端午の節句 @通称ガウディハウス

第8弾 わらべ歌でゆるり、端午の節句 @通称ガウディハウス 更新日:08年05月20日

5月は端午の節句、子供の日にちなんで、わらべ歌伝道師のおのみちわらべのkakoさんに幼児向けのわらべ歌教室をお願いしました。きれいな布やフェルト玉を使ったり、
指先をいっぱい動かして、赤ちゃんとスキンシップを図りながらのわらべ歌。
細長い葉っぱででんでん虫の作り方も教えてくれました。そして、管理栄養士・ゆっこママによるデザートは、よもぎや空豆、路地苺で作った旬のスイーツ盛り合わせで大好評でした。
©2008 尾道空き家再生プロジェクト