傾斜地にある空き家歴の長い家の多くは傷みがひどく、空き家の修復にかかる経費の問題は避けて通れません。特に車の入らない傾斜地では工事費が平地の2〜3倍かかるといわれており大変大きな問題です。空き家再生の修復費用を援助するため、それぞれの再生物件で様々なイベントを行っています。イベント自体を楽しんでいただきながら、斜面地の現状や古い家の良さに触れたり、毎回進化する再生過程を見てもらえればと考えています。
 更新日:20年03月05日
20200305-flyer___________________.jpg 20200305-flyer______________________.jpg

日本最古の現役学生寮として現在も運営されている、京都大学・吉田寮の、学生寮としての生活風景を写真に収めた写真展を
尾道の旧市街の築100年前後の各再生物件などに点在して開催中です。

映画『劇場版ワンダーウォール』の一般上演を目前に、写真展を楽しんでもらいながら、現役吉田寮生とのささやかな交流
イベントを開催します!

***************************************

大学から退去通告を出されている吉田寮。ですが今も寮生は吉田寮の中で生活しています。
彼らが住み続ける理由は、もしかすると私たちがこのまちに住んでいる思いと通じるのかもしれません。
吉田寮を知ることで、自分がここにいる理由を考える。
そんなワークショップ形式のトークイベントです。

日時:2020年3月21日(土)18時開場、19時開会
場所:あくびカフェー(ゲストハウスあなごのねどこの併設カフェ)
予約:不要
参加費:カンパ制 *要ワンオーダー
問い合わせ:080-6323-9921(豊田)
©2008 尾道空き家再生プロジェクト